(484,049 - 128 - 191) contents
インターネット経営戦略 - albero
お知らせ |  商品ご紹介 |  はなまるマップ |  インターネットの利用 |  サーチエンジン戦略 |  ダウンロード |  会社案内

ドメインの重要性

インターネット戦略において、「ドメイン」の取得・選択はとても大事なことです。安易に取得して運用してしまうと、なかなか変更が出来ないこともあります。

ドメイン名は企業にとって、インターネット上での大事な看板にも成り得るからです。しかし、一企業で何回も取得するということはまれです。私たちは、専門の知識と経験からお客様の事業形態・事業戦略を考慮し、いっしょになってドメイン取得からお手伝いしています。
ドメインの重要性

どんなドメインがよいのでしょう

ドメインは、一般的にアルファベット小文字もしくは数字の組み合わせでできています。当初、インターネットは米国内の利用のみで始まったためですが、現在では日本語(全角文字)も取得できるようになっています。

まずは、覚えやすく、利用者に理解してもらい易いドメインが一番です。そこでよく会社名そのものをドメイン名にしてしまう場合があります。当然、覚えやくすて良い発想なのですが、すべてに良いというわけではありません。
例えば、北海道海産物産業という会社をそのままドメイン名にすると大変なことになります。「hokkaidoukaisanbutusangyou」とか「hokkaido-kaisanbutsu-sangyo」とか、日本語をローマ字で記載するとヘボン式と訓令式があり解り辛くなることもしばしばです。

社名を中心にドメイン名を考慮される企業も多いですが、インターネット戦略に応じたドメイン名を選択するのも1つの方法です。主力取扱い商品が乾物のホッケの開きだとしたら、「hokke」や「hiraki」などでもよいでしょう。

ドメインの属性はどうでしょう

ドメイン名には必ず属性と呼ばれているアルファベットがくっつきます。ご存じ、「.com」・「.co.jp」などです。

それぞれには色々な意味づけがされています。
「.com」 米国もしくはその他の国の個人または団体

「.co.jp」「.or.jp」「.ne.jp」 日本の企業・団体

「.ac.jp」「.ed.jp」 日本の教育機関

「.go.jp」 日本の政府や各省庁の研究機関

「.jp」 日本の個人・団体

「.net」「.info」「.biz」など 日本の個人・団体

お客様の事業内容に沿った属性を選択されるのが良いでしょう。


個人情報保護ポリシー
このサイト内でのご意見・お問い合わせはalbero Corprationまでご連絡ください。
Copyright(C)2018albero CorprationAll Rights Reserved.